FC2ブログ

Steve Lukather with his Les Paul Deluxe

 1979年頃といわれている、クリーブランドのアゴラボールルームでのライブを、YouTubeで見ることができる。演奏曲のほとんどはファーストアルバムからで、セカンドアルバムの曲は"All us boys"だけだから、かなり初期だ。「これからビッグになってやるぞ」というような気合いが感じられる演奏だ。

 このライブで、ルカサーはゴールドトップでフルサイズハムバッカーのレスポール('58で間違えないだろう)と共に、チェリーサンバーストのレスポールデラックスを使っている。件のライブ動画で、このギターで演奏している"Rockmaker"のソロは見事だ。歌うようなフレーズの連続で、しかも”楽譜に張り付く”ような正確なリズム。

 確かこのレスポールデラックスについては、ルカサー本人が手にした最初の”まともな”ギターで、15歳の時お父さんからプレゼントされたものと記憶している。

 Blue Note Tokyoによるインタビュー記事で、「最初に手に入れたプロフェッショナルなギターはギブソン・レスポール・デラックス。ナッシュビルの"ミュージシャンズ・ホール・オブ・フェイム"に展示してあるよ」と語っているのを見つけた。ルカサーのオフィシャルウェブサイトに写ってるのがそうなのだろう。

 ビンテージで程度の良いレスポール・デラックスはもちろん高価で手が出ない。

 復刻された2015年モデルは、9ホールのトラディショナルウェイトリリーフだったり非対称ネックグリップなのはいいんだが、ゼロフレットナット、ヘッド裏の自動チューニングシステム、ブースト用トグルスイッチなどは気に入らない。ネックは幅広らしい

 2018年モデルは目も当てられない。ウェイトリリーフなし、リッチライト指板、それに何より、ボディカラーがレスポールらしくない

 と思っていたら、2019年モデルがなかなか良さそう。チェリーサンバースト、ゴールドトップ、エボニーの3色展開。しかし、日本限定発売で、仕様がはっきりしない。傍大手楽器店にお尋ねしたところ、指板Rは12インチ、ネックはラウンデッドグリップ、フレットバインディングはオーバーバインディング、抱えた感じではウェイトリリーフなしではとのこと。

 うむうむ。2019年モデルが普通っぽくてよさそうだけど、2015年モデルを入手して、サーキットを通常のレスポール仕様に改造するのもいいかも。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gibson Les Paul Deluxe Proprietary Heritage Cherry Sunburst #180073798
価格:213840円(税込、送料無料) (2019/7/7時点)





スティーブルカサーのコンポーネントギター

 ロッキンfの1983年6月号をヤフオクでゲットした。

 当時のルカサーのギターコレクションがお目当て。当時雑誌で良く目にした、ボディ、指板、ヘッドのすべてが赤くペイントされているムーン製のストラトの写真が、「ムーン・コーポレーションから贈られた」というキャプションと共に載っていたりして、懐かしい。

 僕が高校時代にそれを真似てBurnyのコピーモデルを買った、ゴールドトップのGibson '58 LesPaulは、ピックアップはオリジナルのまま、ブリッジのスタッドはサスティーン向上のため太いものに交換されているとある。

 さて本当の目的は、フロイドローズ、サンバースト、黒いピックガードのストラト。何と2本が載っている。ピックガードはツヤ消しのワンピースだと記憶していたのだが、どちらも光沢ありの黒-白-黒のスリーピース。

 ひとつは、ブギー製マホガニーボディ(!)、シェクター製メイプルネック、EMGのセラミックタイプ(Sか?)、フロイドローズはFRT-3(もちろんフェルナンデス製ではない)という、ファインチューナーなしのタイプ。2トーンサンバースト。


IMG_6848.jpg


 もう1本は、1965年頃のフェンダーストラトに、EMG SA(アルニコマグネットにて、セラミックマグネットよりも中域強調らしい)、ファインチューナー付きフロイドローズ、ジャックプレートはゴールド。こちらは3トーンサンバースト。どうやら、”ロザーナ”のバックトラックや”ラヴァーズインザナイト”のエンディングのソロをこれで弾いたらしい。

IMG_6846.jpg


以下のサイトによると、後者のフェンダーが先にセットアップされ、前者のマホガニーボディの方は後でヴァレイアーツのマイク・マクガイアによって組み立てられたという。そのマホガニーボディは後にリペイントされてロボットギターになったとのこと。

My Guitars Room FENDER U.S.A. FLOYD ROSE CLASSIC HSS STRATOCASTER with EMG SL-20 


 最近の就寝前の楽しい考え事は、このルカサー風ストラトを作りたいなあと。ミディアムスケールのフロイドローズ付きストラトに、EMGのシングル3発、ゴールドのジャックプレート、ブラックのピックガードはオーダーで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Bacchus GLOBAL Series IKEBE ORIGINAL HST-24HSH w/Locking Tremolo
価格:48600円(税込、送料無料) (2019/6/9時点)










Music Man Axis USA トランスルーセントゴールド:後編

 ネックの順反りを増やしたら、弦高が高くなり過ぎたAxis。ネックセットシムでネックの仕込み角を調整することにしました。

 ギターワークスさんで入手したシム。0.25mmと0.5mmの2規格がありましたが、まずは厚いほうの0.5mmで。

IMG_6613.jpeg


 ジョイントプレートを外すと、件の塗装のクラックがよく分かります。

IMG_6601_201903281119358bb.jpeg


 ジョイントプレートを外してバラしてみると・・あれ、6弦側にすでに薄いシムをかませてある。ほうほう、6弦側だけ順反りが強くて6弦側だけ弦高を下げ切れなくなってシムを入れたんですね、きっと。

IMG_6607.jpeg

 ちなみに、ネックポケットやネックにはクラックがなかったので、ジョイントの強度には問題ないのではと。

 さて、シムを置いて組み立て直しましょう。

IMG_6614.jpeg

 ロッド調整からやり直してみます。最初にロッドを緩めた1週間前と比較するとちょっと順反りが増えていて(健全な変化で安心しました)、今回はロッドを多少締めこむことになりました。1カポと22フレット押弦の状態で、8フレットでの弦高(反りの程度)を1弦で0.2mmにすると、6弦で0.35mm程度と、やはり6弦側の順反りがやや目立ちます。

 さて問題の弦高調整ですが・・12フレット上で1弦1.2mm、6弦1.3mmまで下げて、音詰まりなし。この状態でベースプレートはボディからまだ1mmほど浮いています。合格〜。

IMG_6583.jpeg






Music Man Axis USA トランスルーセントゴールド:前編

 以前、初期モノの日本製Music Man Axis EXを入手したのですが、今度は、米国製のAxisを入手いたしました。色は我ながら飽きもせずトランスルーセントゴールド。

IMG_6580.jpeg

IMG_6579.jpeg

IMG_6582.jpeg

IMG_6584.jpeg

IMG_6581.jpeg

IMG_6585.jpeg

IMG_6588.jpeg

IMG_6589.jpeg

IMG_6591.jpeg

IMG_6593.jpeg


 ボディやヘッドの打痕はホント最小限。オイルフィニッシュされたネックや指板の黒ずみも、それほど酷くありません。しかしちょっと気になるところがありまして、ジョイントプレートに沿って、塗装の割れが(黄矢印)。さらに、後で気付いたのですが、ジョイントプレートそのものにも何とクラックが(赤矢印)。始めて見ました、プレートのクラック。どんだけキツく締めたかったんだ・・。

IMG_6598_20190328111934b47.jpeg


 ざっと弾いてみると、まずまずの弦高低めセッティングで弾きづらくはないんだけど、1弦側のローフレットで多少の音詰まりが。ちょいと順反りが足りないかな。

 ネックの状態を測定してみると、ナットの高さはOK。1カポと22フレット押弦の状態で、8フレットでの弦高(反りの程度)は、1弦で0.1mm未満、6弦で0.3mmを越えと、1弦側では逆反りではないけど真っ直ぐ過ぎで、かつ6弦側とは結構な差が。

 トラスロッドを緩めてみましょう。おっとっと、緩める方向にはそれほど余裕がありません。それでもすっかりユルユルにならない範囲で、件の隙間を何とか0.2mm程度まで開けることができました。するってーと弦高がかなり高くなってしまいまして、フロイドローズのスタッドを締め込んだのですが、ベースプレートがボディに密着するまで弦高を下げても、まだまだ酷く高め。これはもう、ネックの仕込み角の問題ってことですよね。

 そーかい、そーかい。そんならネックポケットにシムを挟むしかないでしょう。いつもお世話になっているギターワークスさんのサイトで探してみると、ありました、ありました、厚み0.25mmのと0.5mmのと。それぞれ1枚108円(税込み)。ありがたや、ありがたや。それぞれ1枚ずつ、さっそくポチ。送料(ネコポス350円)の方が高いっすけど、地方在住の身には十分ありがたいですよ。

 後編へ続く。


Music Man Axis EXのネック調整

IMG_5973.jpg


 1ヶ月ほど前に入手したMusic Man Axis EX。1弦のローポジションで音がわずかに詰まるのに気付いた。低過ぎる弦高+順反りの不足が原因のはず。

 測ってみると、1カポと22フレット押弦の状態で、8フレットでの弦高(反りの程度)は、1弦で0.05mm、6弦でも0.09mmと、もともと極めて少なくセッティングされていた順反りが、ますます少なくなっている。12フレットでの弦高は1弦で0.55mm、も6弦でも0.75mmとこれまた以前より低い。こんな状態で音の詰まりがほんのわずかってことが凄いんだが、まあ調整しよう。

 1カポと22フレット押弦の状態で、8フレットでの弦高が1弦で0.20mmになるまでロッドを緩めると、6弦では0.27mm。この状態で12フレット上での弦高を1弦で1.2mm、も6弦で1.4mmとしてみた。チョーキング時に低音側の弦が指の下に潜り込むことはなくなるが、3弦と4弦でやや弦高が高く感じ、運指がバタバタする。1弦も6弦も弦高を1.2mmにしてみるとある程度違和感が減った。少しこれで。







FC2カウンター
プロフィール

それいけウィークエンド

Author:それいけウィークエンド
--
ギターサウンド追求の旅には切りがないけど、今はZT Amp LunchBox Juniorに満足しています。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Amazon
関連商品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
月別アーカイブ