FC2ブログ

BEHRINGER XENYX X1204USB 動作確認

 小規模の自前PA用に入手したBEHRINGER XENYX X1204USBの出番が決定したので、ざっと動作確認してみました。

IMG_1501.jpg

 XENYX X1204USBは、モノラル4チャンネル、ステレオ2チャンネル、簡易的なデジタルマルチエフェクターに加えて、モノラルの4チャンネルにコンプレッサーが装備されているのが特徴です。

 まずはマイク入力として多用する予定のモノラルの4チャンネルを確認。それぞれのチャンネルのXLR入力、コンプが有効であること、AUX2から内蔵マルチエフェクターへの送り、フェーダーのガリがないことなどを確認。左右のMAIN OUTPUTからの出力も良し。2-TRACK/USB INPUTのピンジャックへ入れたiPhoneからステレオ信号は、2-TR/USB TO MAINボタンを押し込むことでMAIN OUTPUTから出力されることを確認、他のソースとの音量比の変更はiPhone側の音量調節で。

 マニュアルに従って、所有のダイナミックマイクのゲインを調整すると、これくらいになりました。
IMG_1500.jpg


 次に、内蔵エフェクターをざっと設定してみました。エフェクトナンバーは15のディレイ+リバーブ。
IMG_1496.jpg

ディレイとリバーブの割合は7(DLY 30%、REV 70%)。ちなみに、ディレイの返りの回数は調節できない仕様です。
IMG_1497.jpg

ディレイタイムはボタンのタップで指定するのですが、22と表示されました。
IMG_1498.jpg

 話は変わりますが、BEHRINGER B205Dの実力はやはり侮れません。多少HIGHとLOWを挙げると、かなりパンチのある音になります。自宅での音出しだからかもしれませんが、今日はパワードサブウーハーの併用の必要性を感じませんでした。

テーマ : 音楽機材
ジャンル : 音楽

FC2カウンター
プロフィール

それいけウィークエンド

Author:それいけウィークエンド
--
ギターサウンド追求の旅には切りがないけど、今はZT Amp LunchBox Juniorに満足しています。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
Amazon
Rakuten中古市場
Rakutenページマッチ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示