FC2ブログ

Music Man Axis EX ちょっと弾きこんでみた

IMG_5924.jpg

IMG_5927.jpg

IMG_5928.jpg

IMG_5930.jpg

IMG_5934.jpg

IMG_5935.jpg

IMG_5937.jpg

IMG_5938.jpg

IMG_5943.jpg

IMG_5944.jpg

IMG_5952.jpg


 最近入手したMusic Man Axis EX。少しじっくり弾いてみた。

 ボディはPeavey Wolfgangよりも一回り小ぶりに感じる。軽めで取り回し良し。非対称断面のネックは握ってみると手のひらに最高にぴったり。ネック幅はやや細めなので、手の大きな人には細過ぎるってことはございませんでしょうか。

 仕様を確認してみる。トップのキルティッドメイプルはワンピース。これは贅沢。ネックも指板もバーズアイがブリブリ。綺麗だけど材の耐久性としてマイナスなので、見て楽しむことで。一枚板を切り分けている米国製Axisと異なり、ネックと指板とは別の材の張り合わせ。トレモロアームはスプリングキャビティ側から長い六角レンチでボルトを緩めないと外せない面倒な仕様。

 程度もじっくり見てみた。ボディトップには打ち傷が数個、上々。一方、バックと側面のエッジやボディバックには塗装の剥がれがそれなりに。全層剥がれているところは黒のペイントで目立たなくしてある。ヘッドは先端から前面にかけてそれなりの打痕があるが、意外に目立たない。ネックの調整状態は以前書いた通り大変良く、見事にまっすぐ。ネックはかなり弾きこまれていて、17フレットと18フレットの間には塗装の剥がれが。同様に1弦側の指板縁でも塗装が剥がれている。プレイヤビリティには問題なし。ペグはどれも円滑な動き。

 まさにプレイヤーズコンディションだが、実用楽器として大変優秀。前オーナーさんに感謝!







FC2カウンター
プロフィール

それいけウィークエンド

Author:それいけウィークエンド
--
ギターサウンド追求の旅には切りがないけど、今はZT Amp LunchBox Juniorに満足しています。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
Amazon
Rakuten中古市場
Rakutenページマッチ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示